HOME>イチオシ情報>費用負担に合わせて最適な種類を選ぶことが大事

制作を依頼する場合は3つの種類がある

動画制作

これまでの広告は新聞もしくは雑誌への投稿そして冊子の製作が主流でしたが、最新の広告は動画制作をして広めるという形が定着しています。動画制作は自作として専用ソフトで作るという方法もありますが、専門の知識や制作した動画の質にもばらつきが生まれてしまうため基本的には外部サービスに委託することになります。そんな動画制作には主に、実写作品とアニメーション作品そして実写とアニメーションを合わせた合作の3つに分類されます。この3つの方法において、一番安い相場が実写制作で費用が一番かかるのが合作です。そのため動画制作で広告をするのであれば、それぞれの特徴を踏まえたうえで利用するのが望ましいです。

それぞれの製作技術の特徴

動画作成

先に言ったとおりに動画制作には、実写作品とアニメーション作品そして実写とアニメーションを合わせた合作の3つがあります。相場が一番安いのが実写制作は、化粧品や雑貨など日常に近い存在に対して使われます。実際に人間や物に対して使うことによって、どんな効果を発揮するのかを知らせることができるので宣伝効果を発揮することができます。アニメーションは車や家など、相手に対して強い印象を持ってほしい場合において活用します。

広告募集中